天国と地獄

綿密!

さまざまなシーンが印象的に残ります。

黄金町のヒロポン中毒者のシーンはショッキングでした。
黄金町といえば普通の京急の駅名と浜マイクの印象しかなかったので
(お恥ずかしながら青線も知りませんでした)
正直なんたることかと…。

『シンドラーのリスト』の赤いスカートはこの映画からヒントを得たといわれていますが、
ホロコーストや戦争の惨状のイメージを作るために、スピルバーグ監督はこの映画の存在を思い出したのではないかとすら思いました。

あとケチをつけるわけではないのですが、犯人、手の傷といい過去にどんな地獄があったかは想像を絶するものかとも思いますが、医者(の卵)になるぐらいなんだからいいじゃないか。
もう君は勝ち組だったと思うぞ。


天国と地獄<普及版>
東宝
2007-12-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック